TOPICS 
<2014年6月6日>
企業情報
三生医薬「中国の健食フェアに日本パビリオン設置へ」
 
 三生医薬(本社・静岡県富士宮市)は6月26~28日の3日間、中国・上海市で開催される第5回中国国際健康&栄養保健品展(HNC)に日本パビリオンを開設する。同展示会は上海新国際博覧中心で開催されるもので、中国で開催される健康食品の原材料および関連商品、機械等の展示会としては最大規模の展示会。国外からも注目されており、昨年は欧米、東南アジア、イスラム圏等約100の国および地域より約6万人が来場した。

 三生医薬は、同展示会において16小間の日本パビリオンを設置し、日本の製剤技術や素材、委託元の健康食品を中国を中心としたアジアへ向け発信する。

 中国において健康食品市場の伸びは著しく、2020年には中国保健食品市場は6兆8000億円規模と現在の米国の約2倍の市場を形成すると予測されている。保健食品企業では2013年には二桁成長をした企業も少なくない。活気づく中国健康食品市場ではあるが、「高品質」「安全」イメージのジャパンブランドは健在で、日本の健康食品企業も、より大きな市場を求めて中国での販売を計画している企業も少なくない。

 そうした中、三生医薬では顧客サービスの一環として、顧客の製品を展示会で広く紹介するために、健康食品における中国最大の展示会にて日本パビリオンを設置し製品の紹介を行う。また、健康食品の中国への輸入が簡素化されると期待されているFTZ(自由貿易試験区)等の紹介も含めたセミナー「世界一の長寿国日本の健康食品ビジネスの中国における展開」も開催し、日本の健康食品ビジネスの紹介も行う。

 日本パビリオンにはまだ若干のスペースが残されており、6月23日まで商品紹介申込みを受け付ける。商品紹介にあたっては、実際の商品とその説明資料ならびに連絡先を三生医薬に送るだけでよく、現地に来る必要がないため容易に出展できる。問合せは下記参照。


 問合せ先:三生医薬 海外事業部 常(チャン)・宮下
      ・電 話 0544-25-7799
      ・メール info@sunsho.co.jp

 三生医薬のホームページ http://www.sunsho.co.jp