TOPICS 
<2014年10月27日>
製品情報
 アスク薬品「ローズヒップ乾燥エキスで特許取得」
   
     機能性素材の供給とOEM製品受託を行うアスク薬品(千葉県市川市)は、関節対応素材として提供している「ローズヒップ乾燥エキスN」の抗炎症植物抽出エキス剤の製法に関してこのほど国内特許を取得したと発表した。同品はローズヒップ抽出物にコラーゲン加水分解物を添加した製剤で、これまで独自の抽出・製法ですでに国際特許を取得している。

 「ローズヒップ乾燥エキスN」は、①水溶性で固形剤から液剤までの幅広い可能性、②美味しいので一般食品として利用可能、③薬物ー食品相互作用がないーーなどの特色をもつ機能性素材。ローズヒップは果肉は甘く、酸味があり、ビタミンC(アスコルビン酸)やA、B1、B2が豊富な食用植物。従来から風邪およびインフルエンザ等の感染症治療のためにビタミンCの代用として使用されてきた。

     
     
       

 アスク薬品のホームページは こちら