健康食品原料サプライヤー 





  ごあいさつ  


 たるほ産業は、アガリクス、メシマコブ、ヤマブシタケ、霊芝など、各種きのこ類の原料供給を手掛けております。エキス末や粉末、原体などでの供給をはじめ、OEMニーズにも対応致しております。とくに、ブラジル産アガリクスの供給は現地に専属栽培農場を設立、高い信頼と実績をいただいております。原料をお探しの事業者様、PB商品をお考えの方など、お気軽にお問合せ下さい。






  企業概要  


商 号       たるほ産業株式会社
本社所在地       〒769−0101香川県高松市国分寺町新居3657−8
TEL       087−874−9345
FAX       087−874−9346
メールアドレス       taruho@plum.ocn.ne.jp
URL       http://www.taruho.co.jp/
代表者名       中野 春彦
設立年月       平成8年10月
資本金       5,000万円
取引銀行       百十四銀行 伊予銀行 香川銀行
事業内容       ・きのこ(アガリクス、霊芝、メシマコブ等)の加工、販売及び輸出入
・医薬品、農・水産物、日用品雑貨の販売及び輸出入






  原料供給  


 
    アガリクス、霊芝、メシマコブ、ヤマブシタケ
 
    アガリクス、霊芝
 
    アガリクス


原産国ブラジルの大地 ブラジルの赤土、テラロッサ
で作られるアガリクス
ブラジル専属栽培農場(コグメロス・ブラジル)



(ブラジル専属栽培農場・・・コグメロス・ブラジル)
 
 コグメロス・ブラジルはアガリクスの原産地であるブラジルにおいて、ブラジル産アガリクス茸の栽培、加工、輸出をしております。2001年に設立。緑あふれるサンタカタリーナ州ガルーバ市にブラジル国内で最大級の有機アガリクス茸の農園を立ち上げました。

 2002年には、本格的な有機栽培を始め、9月にブラジル国内ではIBD(Instituto Biodinamico)認定を受け、2003年5月にJONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)の有機JAS認定を受けました。

 残念ながら有機認証の原料(バカス、麦わら等)の入手が不可能となり、2007年をもって有機JASの認証は返上いたしましたが、以前と同じ工程で栽培いたしております。

 商品は、たるほ産業へ送られ、日本市場へ出荷されています。農園の総面積は115,000uあり、その内の20,000uを占める温室はアガリクス栽培に最も適した環境にコントロールされています。この農園は、2004年にたるほ産業の自社農園として、現在もコグメロス・ブラジル社が管理運営しています。






  商品案内  



●「アガリクスレトルト」
厳選されたアガリクスを独自の熱水抽出方法で抽出したエキスからつくりあげレトルトパウチに密封した健康食品です。1袋中に乾燥アガリクス=5,000mg相当のエキスが入っています。アガリクスは傘の開く前の最も勢いのあるものを使用しています。
■原料 アガリクス・ブラゼイ・ムリル
■内容量 100g×30袋入り
■標準価格 25,200円(税込)



●「親孝行 子孝行」
ヤマブシタケ、イチョウ葉、霊芝の3種類の原料から抽出したエキスを粒状に仕上げた健康食品です。15粒(3g)中にヤマブシタケエキス(1500mg)、イチョウ葉エキス(150mg)、霊芝エキス(150mg)を配合しました。
■原料 ヤマブシタケエキス末、デキストリン、結晶セルロース、イチョウ葉エキス末、霊芝エキス末、グリセリン脂肪酸エステル、シェラック
■内容量 90g(200mg×450粒)
■標準価格 9,975円(税込)