TOPICS 
<2016年1月14日>
企業情報
 日下部ラベラー「シーフードショー大阪にラベル貼付機等を出展」
 
   日下部ラベラー(大阪府松原市)は、「第13回シーフードショー大阪」(2月18・19日開催、ATC)に出展し、手廻し式ラベル貼付機や卓上胴巻ラベラーを展示する。

 手廻し式ラベル貼付機「KLTM7110」(写真)は、小ロット生産向けの軽量・低価格のラベル貼付機。重量は9.5kgで、サイズは幅351×奥行535×高さ310mmのコンパクトな卓上型。できるだけ多くの種類の貼付容器に対応できるように貼付範囲を大きく取っており、また容器外径に剥離エッジを合わす作業は同社特許を用い容易に合わすことができるのも特色。さらに、多少の容器テーパーに対応できるように角度微調整も可。貼付対象品は薬品、化粧品、健康食品、食品、その他金属パイプ等円筒形の商品。

 卓上胴巻ラベラー(KLTBN1580)は、主に健康食品・薬品・食品等のメーカー向けの製品で、安全性(塗装レス・ステンレス製)と機能性(段取換えの容易さ・自動払出し)を兼ね備え、また、縦型で場所をとらない構造で設計されているのが特徴。


 日下部ラベラーのホームページ //www.k-labeler.com

 「第13回シーフードショー大阪」のホームページはこちら